カレーと餃子 1210円

無性に食べたくなるものランキング上位にカレーが君臨している筆者である。

かつては自炊の定番として年中作りまくっていた。

筆者
筆者

S&Bの赤缶のでかいのを一人暮らしで買ってたタイプ

冷蔵・冷凍を駆使してそれこそ1週間くらい平気で食べていたのである。

最近めっきりカレーを作らなくなったため、カレー欲を満たす機会が減りつつある。

筆者
筆者

夜はパスタかチャーハンばかり作る

(最近はピザ作るのにもハマっている)

気軽にカレー食べられた会社の食堂も利用しなくなって久しいしな〜

(週末にまとめて作った弁当を持参する派)

余談である。

そんなわけでカレーが食べたくなったらどうするか?

そう、自由軒に駆け込むべし。

トリ
トリ

行きたまえ

カレーと餃子、至福のコンビネーション

で、さらに言えば餃子も食べたい。

筆者
筆者

そんなときは両方頼めば良いのである

ということで到着した。

まずはカレー760円。中華スープ付き…!
色が濃い。スパイシーな香りが良い。

自由軒のカレーは辛味がしっかりとあるのが素晴らしい。

筆者
筆者

辛い食べ物結構好きなのだ

それでいてまろやかな味わいとコクがある。

なんとなく中華飯店っぽい隠し味がありそうだがはっきり言ってわからん。

トリ
トリ

うむ

程なくして餃子も到着。

そして餃子。夢の組み合わせである。カレーには七味をかけて味変。うまし!

好きな食べ物ランキング筆者内で上位常連の2品が揃い踏となったわけである。

味的なマッチング・相乗効果の類があるのかはやや不明だが、気持ち的にはかなりアガる。

そしてどちらもうまいのだ。

なかなかセットで食べる機会の少ない組み合わせなのだが、これもまた自由軒の醍醐味と言えよう。

おわりに

ということで自由軒探訪の記録であった。

筆者
筆者

ごちそうさまでした…!

カレーと餃子、という個人的にアツい組み合わせを実のところ大変気軽に楽しめてしまうお店である、ということを再確認した回となった。

トリ
トリ

いいじゃない

次回の探訪も楽しみでならない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です